他社からの乗り換えで4年で売上3.4倍を達成 – ハッピーフラワー

株式会社ピュアプラスは、ハッピーフラワー様のスマホサイトリニューアル、クリエイティブ制作、
インターネット広告運用代行、コンサルティングを継続的に行っております。

ハッピーフラワーとは

花束の保存加工を行う会社です。
特に、ウエディングブーケや、プロポーズで貰った花束を保存したいお客様が利用されています。

http://happy-flower.jp.net/

ピュアプラスに依頼する前の課題


(ハッピーフラワー 店長 清川さゆり様)

色々ありますが、1番はインターネット広告の費用対効果が悪かったことです。

インターネット広告の運用代行は、サイト制作を行ってくださった制作会社さんから提案されて始めました。

インターネット広告は非常に複雑なので、広告運用はお任せ状態。
コンバージョン(ハッピーフラワー様の場合は注文)はありましたが費用対効果が悪かったです。

ただ、費用対効果が悪くても制作会社さんからは特にご提案などは無く、
私もインターネット広告については詳しくないので、解決策が見つからず悶々としていました。

なぜ、ピュアプラスにお願いをしましたか?

「ピュアプラスという会社がある」ということは何となく知っていたのですが
決め手は知り合いの社長さんから紹介されたことでした。

「ピュアプラスにお願いして営業利益を大幅に上がったよ!清川さんもピュアプラスに相談してみれば?」と。

そこで、打ち合わせさせていただきました。

当時の石塚さんは、今以上にイケイケな感じではありましたが笑、言ってることは真っ当。
この会社にお任せすれば現状を打破できるかもしれないと思い、ピュアプラスさんにお願いすること決めました。

ピュアプラスからどんな提案がありましたか?

ご契約当初で言いますと、大きく2つあります。

1つは広告のかけ方を最適化する事。
もう1つはサービス面をメインビジュアルでしっかりと伝える事です。

広告を最適化するということは広告費を減らすことでもありますので、正直不安でした。
広告費を減らすことで売上も下がってしまうのではないか・・・と。
ただ、そんな不安は1カ月もすれば吹き飛び、以前より少ない広告費で売上が右肩上がりで推移しました。

メインビジュアルの変更は、ハッピーフラワーの差別的優位性を打ち出すように言われました。

ピュアプラスさんが行ってくださったユーザーからの問い合わせなどを分析すると、
電話などでは行っていたサービスをサイトで分かりやすくするだけでも、成約率も大幅に改善されました。

苦労はありませんでしたか?

嬉しい悩みですが、ご注文が殺到したことでオペレーションが回らなかったことです。

ピュアプラスさんにお願いする前と後で、年間の注文件数を比較すると約5倍ほどになりました。

私たちが提供するサービスは、ご注文前に電話やLINE@などでご相談されることが少なくありません。

理由は2つありまして、1つはお客様のほぼ100%が初めて利用されるサービスのため。もう1つは、お客様の大切な花束をお預かりするためです。
こういったビジネスの特性上、ご注文件数の増加はご相談件数の増加を意味しますので、ご注文件数5倍は大変でした…

今では(2019年4月時点)オペレーションも工夫し、以前より多くのお客様を対応できるようになってきましたが、
さらに多くのお客様により良いサービスを提供するために、どのように改善していくかが私の課題でもあります。

パートナーとして

インターネット広告については勿論、ウェブサイトのこと、SEOのこと、更には経営的なこと等々
ECサイトを運営する上で必要なことを専門家の見地で教えてくれる点が非常に助かっています。

今後とも、よろしくお願いいたします!